笑う勝ち逃げに福来たる 見れば儲かるFX 最強トレード

欧州時間からNY時間までのトレードの略すべてを自身の反省と記録の為に平日は毎日更新

戻され建値で手放した所が最高値その後下落で苦虫を噛み潰したような顔+3.6p

2021年3月8日月曜日ポンドドル・ユーロドル

確かに最近やり難い感はあります。トレード回数も極端に減ってますがポンドドルがレンジ状態であることもトレードを控えてる一因です。

①ポン円 17時の動きでロングに乗るも不発で一旦降りる+0.1p

②ポン円 高値更新して押しを確認してのロングもMA割って3本目で堪忍+4.9p

直後から上げてMA抜けて目標の30p地点まで行くから参っちゃうな。

ポン円5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210309015718p:plain

ポン円

+0.1+4.9=+5p

③ユーロドル17時過ぎのMA戻しはポン円に入っていてこちらは躊躇、1M-MAまでのRR的に入っても1発だった。しかしここが一番いい位置だった。その後のLND時間安値BL付近でショート、30Pと欲張りすぎて安値更新するあたりが25pで利確タイミングだったが緩慢になり判断ミス、その後1M-MAとBLを抜けたので諦めて手仕舞い。その後下落するという有様。最悪 (-_-;)

ユーロドル5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210309014809p:plain

ユーロドル

-1.4p

結果5p-1.4p=+3.6P

ポン円は手放しちゃったこと、ユーロドルは引っ張りすぎた事が敗因でした。

損切位置が悪いというより動きのない所で粘りすぎで0か100かに固執した-65.3p

 

2021年2月11日 木曜日 ポンドドル

欧州時間17時の動きは➘と思っても入る位置が遅かったですね。4H-MA割れで陰線が確定した17時05分かMAまで2p戻すこの間に入らなければいけなかった。デイトレで6p下で入ることは随分不利な入り方だった。その後の損切位置が悪かったこれが今日のすべて。1H-MAを抜けるまでは見るべきだった。でもまあしょうがない。もっといけないと思うのは次のショート安値更新できず段々上昇してしまっているのにMA抜けまで損切しなかった事、これは勿体ない。あげく次に途転ロングと見境ないことをしてしまった。これは恥ずかしい。最後のショートは一度安値で利食って80p位確保してからもう一回トライすべきだった。戻しを覚悟しても引っ張ることに拘り疲れる展開になってしまった。最後は目標近くまで下げたので本当に嫌になる。結局見立てが大外れすることはそんなには無く勝手に自滅していくケースが散見される。損切位置と早い仕掛け、損切後は引っ張りきれない利食い。この三つだね。

ポンドドル

①17時ショート 入り遅く黄緑MA4時間MA抜けての損切は勿体なかった-74.9p

②未練の?再ショート17時ロケットの勢いはこの時点で消えていた損切遅い-28.8p

③ドテンロング これはいけない吊られた、いやプラン外だった。下げるものが下げずにMAを陽線でしっかり抜けたのだから↗か!?と判断してしまった。まんまとやられたそしてそう思っていたから黄緑MAが下にあるのに粘って損切が深くなった-50.3p痛い

④傷心の意地の再ドテンショート ここの直近安値は一度利食う場面、最後には目標のMAから30P近くまで届く有様。午前二時では体がクタクタ。こんなトレードやってたらズタボロになってしまう。+88.7p目標まで引っ張って250pにはしたかった。

結局今日はマイナスだ!

ポンドドル5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210212035150p:plain

ポンドドル

-74.9-28.8-50.3+88.7=-65.3p

そこからそのまま行くかどうかの確率よりRRを重視した方が勝ちやすい訳+102p

2021年2月10日 水曜日 ポンドドル・ポン円

ドル円は➘方向でしたが欧州時間前半はドル円に必ずしも方向感が定まっているとは限らず、それでも一応➘と見るしかなさそうでした。メインはポンドドル、シンクロ性の↗で高値掴みのポジションが押されたときに苦痛で後悔と覚悟を決めました。やはり黄緑MAで押し返しドルスト総↗の様相。ポン円は中々↗伸びずポンド要因の↗は期待しない事にし薄利で降り+3pポンドドルに集中。日本時間18時(LD時間9時)直前に安全を期して利食い。目標まであと4p位でしたが4pの為に10p以上戻されるのは苦痛ですから、取り合ずOKです。+99ミス色のBL(ブレイクライン)を抜けたのを見て足の完成を待って入るというのが教科書的だと思いますが、戻される(押される)分をしっかり計算(想定)しないと含み損が増えて泡食っちゃいますから、結局↗に行くと思うのならMA付近(下げ止まる最下点)で買った方がRR(リスクリワード)が良いので有利なのは言うまでもないです。しかし必ずそこまで押す(戻す)かどうかは解かりません。

①ポンドドル 17時の↗動き、押されたMAからのロングで充分間に合った+99p

ポンドドル5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210210181531p:plain

ポンドドル

+99p

②ポン円 複合ポジのヘッジ側1ポジ、結果的に伸びなかった薄利逃げ+3p

ポン円5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210210181749p:plain

ポン円

+3p

結果99+3=102p

取り敢えず今日の目標は充分クリアですが、この先良い場面がもしあれば、やるかも!?しれません。普通はやらない方が良い、飲みに行った方がいい、と言われてますけどね・・・・このご時世外出も控えめで、ましてや飲みに行くなんてね・・・一人では行ったことないし、酒もそんなに飲む習慣が無いですからね。。。

欧州時間の初動の戻し目で入って目標まで辛抱+141.5p

2021年2月9日 火曜日 ポン円 ・ポンドドル

ドル円が➘でポンドドルはやや↗、ポン円は➘、ユーロドルはやや↗、ユーロ円は➘でした。こうなるとポンドが下げているというよりポンドでの下げではなくどっちかと言うと円シリーズでの➘狙いが良さそうでした。なので、ポン円の戻し目を狙っていたが17時の時報まで待つことに。17時JUSTの動きでBLまで戻す動きで3発、直前安値で3発追加で入れてしまいプラ転でポジ数調整、その後利が乗ったところで追加×1、あとは待つのみ。一方ヘッジで持ったポンドドルの方はMAを値ける動きで損切。

①ポン円 水色BL戻しショート→+8.1+96.7p=104.8p

f:id:gachapon2020:20210209193912p:plain

ポン円

+104.8p

②ポンドドル 1H-MA割れ→黄緑MA追加→損切-14.4p

f:id:gachapon2020:20210209194233p:plain

ポンドドル

-14.4p

結果104.8-14.4=+90.4p

その後のポン円

f:id:gachapon2020:20210209202426p:plain

ポン円

もう下げの動きが止まった感じで巻き戻しも充分ありな様相です。NY時間はどうなるか・・・・

その後NY時間

ドル円が相変わらず➘なのでポン円➘とユーロ円➘で勝負。

③ポンドドルは↗へ行きたがっていたが強くはないものポン円が下げ渋り追加玉が仇となり撤退。+2.2p

④ユーロ円は➘のままでユーロドルは方向感なく0時30分頃には動きが止まり適当に利食い+48.9p

ポン円5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210210005710p:plain

ポン円

+2.4-0.2=+2.2p

ユーロ円5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210210005823p:plain

ユーロ円

+48.9p

結果90.4+2.2+48.9=+141.5p

月曜日の欧州初動でまたフェイクにやられるお粗末さもう何十回やられてるねん!その後マイナスを取り返す辛いトレード+15.1p

2021年2月8日 月曜日 ポンドドル

欧州時間16時から待機はしていました。ポンドドルの↗はレジスタンスが有りましたが15p位なら先週高値を一旦少しだけ抜けて届くだろうと15p狙いでロングしていました。今日はミスが3つはありました。最初のロングは狙うべきでないという考えもありますが15pと決めていたのでまだ良いでしょう。しかし、不発だった時のショートの展開をしっかり想定していなかったことが一番いけない事です。二つ目はロングの損切が遅かったこと。損切るべきところ(黄緑MA又は1時間MA)で難平して何とかチャラ逃げ出来んかと未練が出た事です。結構な勢いで下げて行ったし、ナンピンを計画していなかったのにナンピンしてしまった立ち回りが痛恨でした。これによって20p位で済ませる損切が-60pとなってしまった事が最大のミスです。3つ目はその直後の途転ショートを慌てて入った事です。これによって考えが追い付かず変な所で焦って損切という最悪の展開でした。その後ショートで何とかプラ転まで挽回できましたが非常に勿体ないトレードをしてしまった。

ポンドドル

①16:42ロング MA放れにしてはレジスタンスを抜く前提の場面にしては形的シンクロ的にイマイチだったのにチャレンジしてしまった。問題は損切の位置-60.3p

②途転ショート これは入った位置よりも損切した位置が恥ずかしい-20.8p

③損切後の再ショート→4H-MAまで+34p

④黄色14MAでの戻しで入れず水色5MA付近でショート一旦安値で薄利逃げ+5.4p

⑤4H-MAを再び割ったので➘確定と見て浅い戻しからショート→時間帯から新値を更新し難いと判断し諦めて直前安値付近で利食い+56.8p

ポンドドル5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210208212158p:plain

ポンドドル

-60.3-20.8+34+5.4+56.8=+15.1p

時間かけてストレス掛かってこんだけか・・・・・

NY時間に一応期待はしてますが。つまらん所でトレードしてマイナスにする事だけは要注意です。

ポンドドル5分足チャート▽その後

f:id:gachapon2020:20210208213203p:plain

ポンドドル

しかし、借金さえなければ、ピンクの4時間20MAまで引っ張ってあと15pの値幅、つまり更に+60p取りたかったですね。NY時間になんとかならんかな・・・・・

米雇用統計前は大きく伸びない前提でやるがそこそこ伸びることもある+61.1p

2021年2月5日 金曜日 ユーロドル・ポンドドル

①17時にMA密集からシンクロ性の放れが発生しユーロドル×2、ポンドドル×1でロング、15pを狙ったが陽線2本で利食い。ここは3ポジ2ポジと強気で入れれれば100%満足だった。②ポンドドルの押しをもう一度狙ったが勢いが無いと判断し微損③ポン円のいい感じの押しもビビッて?微損逃げ、これは結果的に伸びたが持ってるのは苦痛だったと思う。

後は22:30の指標を見て良い場面が来ればやる事にします。

ユーロドル

①17時シンクロ複合MA密集放れ、逆行の4時間足に向かっていて陽線2本で利食い+25.7p

ユーロドル5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210205214126p:plain

ユーロドル

+25.7p

ポンドドル

①17時シンクロMA密集放れ→陽線2本利食い+12.3p

②押しでもう一度ロングで狙ったが上ヒゲ出て逃げ損切-0.4p

f:id:gachapon2020:20210205214547p:plain

ポンドドル

+12.3-0.4=+11.9p

結果+25.7+11.9=+37.6p

今も見るとユーロ円が19時にいい感じの所が有りました。何故入ってないか?ちょうどティータイムとPSゴールド(ローカル番組)を観てましたw

ユーロ円5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210205215307p:plain

ユーロ円

残念だったなぁ、ぼんやり見てるだけだと逃しちゃうんですね。ある程度想像して行かないとね。

さて、米雇用統計まであと30分位です。決戦は金曜日。気合入れる?いや用心します。

NY時間米雇用統計

指標発表ではドル円は➘へ20p程下げたものの1H-MAで止まった感じでした。ポンドドルは↗16p。判断が微妙でしたが、少なめでポンドドルとユーロドルをロング。

ゆっくりの上げでストレス掛かりますがその分ポジ数少なく30p地点を目標に玉調整し、利が乗ったら途中で追加しながら、あと2pの所で反転Σ(・□・;)

押されて手仕舞いしたくないので黄緑MAまで押され上ヒゲ2本出て遂に諦め。

最後の陽線確定で利確が出来ませんでしたね。仕方ないですね。何だかんだNY終了までジリ上げ↗して行くのかも知れませんが、こればっかりは当てることができません。

エントリーとしては100点だったと思いますが利確は50点て感じでした。しゃーない。

③ポンドドル5分足を抜けるTMでロング、プラ転玉調整しながら+7.3p+16.5p

ポンドドル5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210206012701p:plain

ポンドドル

 

+7.3+16.5=23.8p

ユーロドル

①指標後5分足の高値を抜けてロング、ポンドドルと同時手仕舞い+0.3+11.6=+11.9P

ユーロドル5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210206013203p:plain

ユーロドル

+0.3+11.6=+11.9P

結果37.6+23.8+11.9=61.1p

指標後100p位取れることも期待してたんですけどね・・・・・

英政策金利の日何をやっても駄目とことんリズムが狂ってしまう-46.2p

2021年2月4日 木曜日 ユーロ円・ポンドドル・ユーロドル

日本時間21時(LD時間12時)にポンドの重要指標が控えていました。一番ダメなのは、やっている内に重要指標を忘れてしまっていたと言う点です。トレーダーとして失格ですね。幸いにもポジション持っていませんでしたが、ポンドをやる者としてこの指標だけは忘れてはいけないと思います。それも久しぶりにドカンと爆上げしたので躊躇してしまったという情けない有様で、その後のトレードは狂いっぱなしでした。ですからかなり凹んでいます。トレーダーは自制が一番大事だと思いますが、このような確認・準備という作業も同じくらい大事だと思います。恥ずかしいですが敢えて書きました。あの、これ、自分しか見ていないトレードブログだと思っていますからね。見ている人を意識したら素直には書けないと思います。ですからコメント欄も潰して交流不可にしているんです。

ユーロ円

①BKしてのBL戻しで入って良い所で入っているが前日安値にあからさまに反応して妥当な所で利食って逃げる。+10.4p

ユーロ円5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210205115003p:plain

ユーロ円

+10.4p

ドル円がずっと↗だったのでユーロ円の➘は不利でした。見立てが間違っていました。単体チャートで判り易いからと思ってもドル円がハッキリしているとこうなる事が多いんですよね。欧州時間だからまだ・・・と思っていました。

次に問題の

ポンドドル

①19:47 75MAに反応してWトップ崩れかと思いきや形もイマイチ緩い感じではあったしTMも遅かったし上手く下げずに微損逃げ-1pこれ、逆に伸びろ伸びろと持っていたら大損こいてました。多分100p位は喰らっていたと思います。

政策金利で爆上げしてからの押し目、BB20付近でロングしたが抜けらると思い慌てて損切-14.6p。しかし抜けられてはいなかった。これ自信がないから足の確定する前に損切ってしまうパターンです。覚悟を決めていない、また抜けられたらどうするをしっかり決めていませんでした。緩慢なトレードです。抜けられたらどうするとは黄緑MAで追加すとか黄緑MAを抜けられるまではホールドする、とかいう事です。ピンク線を一度抜けてるので押して更に上昇すると思っていましたが、そもそもこのピンク線、よく見ればこの線は前日高値ではなくて前日のただの山なんです。情けないなぁ。しかもこの場面でBB20からとは随分前のめりだったと思います。

③BB20抜けられたともい損切後に再度ロング、②より高値掴みになります。そかしこれが即行下落で黄緑MAで損切-20.9pイライイラがMAX!

④黄緑MAを抜けられ慌ててドテンショート、この時点で完全にダメな展開ですね。黄緑MAがまだ↗だっちゅうの!!しかも抜けられたら途転するとは決めてなかったよね!ジリジリ踏み上げられ黄緑の上BB20を抜けられたので(実際はヒゲで抜けられてはいなかった)損切-42.9pこれで完全に焦りと今後の恐怖感が襲って来ました。3連敗て精神的に結構きついです。野球選手でいう所の3連続三振みたいなどうしたんだろ?な心境でした。

⑤BB20で十字線付けて黄緑MAを割って陰線確定でしつこいけどショート。これは直前の安値、4時間足20MA(ピンク)で利食い+22.6p

やっと一矢報いた感じ。負けっぱなしでは気持ち悪いので、ちゃんとやれば勝てるんだ、という調整をしておきたいんです。

ポンドドル5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210205123550p:plain

ポンドドル

-1-14.6-20.9-42.9+22.6=-56.8

更にNY時間後半ユーロドルへ

①チャンス場面を逃していたがBOX圏BKしての伸びた所からのショート。黄緑MAまで戻されジリ下げで堪らなく薄利逃げの有様+0.2pしかしこれもしたの青線でやっぱり止められ取れても精々15p幅の所だった。青線は去年の11月と9月の日足ラインでRSになりそうな線です。

ユーロドル5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210205125749p:plain

ユーロドル

+0.2p

欧州時間に最初からこのユーロドルでじっくりやってれば良かったんですよ。黄緑MAを抜けた深い戻しを恐れて水平線でバッチリ判り易いユーロ円を選択したところから歯車が狂いだしてたんですかね。英政策金利でも不動全く不動で(水色縦線)しかし、ポジション持っていたらその後の1H-MAまでの踏み上げで決めていなかったら不安になっていたかも知れません。ですがここも美味しい所です。

その後のオレンジ線BK戻しは今更感がありますが、RSまで20pは取れていたかも知れません。いや~、覚悟を決めないと取れるもんも取れなくなりますね。落ち着け落ち着け!

結果+10.4-56.8+0.2=-46.2p

 

最初の波を取っても次の波が伸びきれず新値を付けれないと・・・NYで・・が心配で利の有るうちに一旦利食い+93.4p

2021年2月3日水曜日ユーロドル

①17時過ぎの動きで1H-MAまでの戻しと見たものの素直に下げず一旦薄利逃げ+0.4p

②黄緑MAを割れる動きがドルストで同時に起きてこれは確信前日安値まで+61p

③BL及び黄緑MAでの戻し完了→当日(直前)安値まで+11.8p

④ちょっと又浅い戻しで入ってしまい黄緑MAで高値更新しそうな動きで逃げ-6.9p

⑤黄緑MA再度抜けて再びショート安値抜けたが戻され揉んで嫌気して利食い+17.2p

ユーロドル5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210203223310p:plain

ユーロドル

+0.4+61+11.8-6.9+17.2=+83.5p

その後日本時間 0時17分頃のチャート

f:id:gachapon2020:20210204001826p:plain

ユーロドル

青ライン前日安値で結構戻して↗行きました。

ポン円

①17時の動きで上昇で押した所をロングしたがこれはヒゲを見落としていた-14.8p

②当日安値BKの戻しショートもドル円が↗で下げ渋り直前安値で利食い+6.6p

③BLまで戻したのでもう一度ショート→前日安値まで+18.1p

ポン円5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210203224313p:plain

ポン円

-14.8+6.6+18.1=+9.9

その後のポン円チャート

f:id:gachapon2020:20210204002318p:plain

ポン円

4時間MAまで上昇。今日はもうどうかなあ・・・下げないような気がしますが・・・分らないですね。

合計+83.5+9.9=+93.4p

 

前日安値での巻き戻しを嫌い利食うとその後ズブ抜けるやっぱりこればっかりは解らない+115.3p

2021年2月2日 火曜日 ユーロ円・ポン円

①4H-MA➘で1H-MA抜けて来ての75MA割れ戻され一旦損切-0.9p

②黄緑MA戻して直前安値抜けると見て入り直し+101.7p

ユーロ円5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210202233027p:plain

ユーロ円

-0.9+101.7=100.8p

ポン円

①4H-MAと1H-MAを抜けてのショートもTM早く一旦伸びるが下ヒゲで戻してきて嫌気して薄利逃げ+1.4p

②欧州時間安値割れもBKにならず一旦薄利逃げ+0.9p

③下落後20MAで揉んだので1発のみ入るがそのまま下落+12.2p

f:id:gachapon2020:20210202234139p:plain

ポン円

+1.4+0.9+12.2=+14.5p

結果100.8+14.5=115.3p

下ヒゲを見て不安になり損切するもやっぱりこれだと入り直す+84.1p

2021年2月1日月曜日ユーロドル

①17時JUSTの動きで➘と判断したが踏み上げ↗しかし損切が若干早かった-10.5p

②MA抜け直しのBK更に4H-MAもBKで➘リミット設定間違えて利食い浅め+55.8p

ユーロドル5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210201232453p:plain

ユーロドル

結果-10.5+55.8=+45.3p

その後NY時間

③1H-MAでの反転狙い中々下げなかったが直近安値までなんとか届く+38.8p

f:id:gachapon2020:20210202011847p:plain

ユーロドル

+38.8p

合計45.3+38.8=84.1p

ユーロ円からポンドドルに乗り換えたら結構苦労した+106.5p

2021年1月29日 金曜日 ユーロ円・ポンドドル

欧州時間早々に形状優先からユーロ円↗を1発入れましたが相場に勢いが未だ無く微益撤退、しかしその後50p以上強く上げて行きました。トレンド出ていない押し目って不安もあるし中々勇気が出ないんです。しまったな。+2.1p

その後ポンドドルが4H-MAを割って➘強い下落。これも相変わらずの追っかけの先端でショートしたポジが重かったですがBLまで戻してきたところでポジ数が一時期7まで行って覚悟を決めてましたが反転下落し➘プラ転したポジを落としながらBLから30p付近で利食い。最後は時短で1ポジ追加して4ポジでフィニッシュ。+104.4p

ユーロ円

①欧州時間16:34トレンド初期の押し目もユーロドル揃わず一旦降りる判断+2.1p

f:id:gachapon2020:20210129190457p:plain

ユーロ円

その後

f:id:gachapon2020:20210129190527p:plain

ユーロ円その後

チェッ ダサッ! +2.1p

ポンドドル

②4H-MA割れ、TK安値のBLが有りましたがまさかそこまで戻すとは+104.4p

f:id:gachapon2020:20210129190832p:plain

ポンドドル

結構難しかったというか不安感はある程度出ますね。ポジ数多いと。

その後

f:id:gachapon2020:20210129191022p:plain

ポンドドルその後

もう少し伸びる感じもありますがとにかく良かったです。

+104.4p

結果+2.1+104.4=106.5p

ロンドン初動の戻し目から時間切り替わりの1分前まで頭から尻尾を取れる時もある+158p

2021年1月28日 木曜日 ポンドドル

ナンピンを基本的にしない方針ならば基本3ポジ位でトレードできるので、普段より多めに入れてプラ転したらポジション調整し2ポジ又は3ポジで目標までホールドするというスタイルです。

ポンドドル

①TK安値BKの戻しがLD時間スタートでありBL→BB20→1H-MAと分割ET。+102.2p

f:id:gachapon2020:20210128182102p:plain

ポンドドル

+102.2p

早々に戻しが来ました。

ポンドドル

②黄緑MA1発→BL1発 長大陰線だった事と自己都合で安値手前で利食い+26.9p

f:id:gachapon2020:20210128183809p:plain

ポンドドル

+26.9p

安値まで値幅が10p程度しか無いのなら安値をBKする期待で更に引っ張っても良いですが、安値まで15pあった事と既に100p以上取ってますのでこの2番目のトレードは腹7分でご馳走様しました。

結果102.2+26.9=+129.1p

その後ユーロドル➘で損切し、ユーロが↑吹けましたのでユーロ円↗をロング。

ユーロドル

③MA割れでショート→一旦下げて良い感じだったが指標後↑吹上ヤバい-14.8p

f:id:gachapon2020:20210128231057p:plain

ユーロドル

-14.8p

通貨ペア変更してのドテン

ユーロ円

④LD時間高値BK↑ドル円➘MAまで押したTM、途中利食い5分足完成前利確+43.7p

f:id:gachapon2020:20210128231545p:plain

ユーロ円

+43.7p

結果+129.1-14.8+43.7=+158p

利食い目標が近いと神経使い疲れるのでマイチェンしたデイトレっぽいデイトレ+87.8p

2021年1月27日 水曜日 ユーロドル・ポンドドル

相変わらず17時前後のフェイクに騙されます。しかし良いんです。警戒していたのでポジション入れ替えて単ポジで見ていました。大事なのは方向性。欧州序盤は下へ行こうとしていると判断しました。先っぽのポジションを微益で落として2ポジでホールド。ユーロドルはズドン↓と一伸びでリミットに刺さり、ポンドドルはMAまで戻しています。もう少し様子を見ようと思います。

ユーロドル

①LD時間にTK時間安値BKで2ポジBL戻しで2ポジ、利食い時2ポジ+67.2

②MA戻し付近で1ポジショートも中途半端にうっかり利食い+8.6p

f:id:gachapon2020:20210127235518p:plain

ユーロドル

+67.2+8.6=+75.8p

ポンドドル

①欧州早々動き出しでロングも微益撤退後吹け上がり高値掴み-12.2p

②途転ショート75MA下→MA戻しで追加ポジション入れ替え

ポンドドルショート途中

f:id:gachapon2020:20210127183835p:plain

ポンドドル

-12.2+途中

その後

②ショートは黄緑MA抜けたので損切したがもう一本見るべき-6.8p

③又もショートしたがレンジでMA抜けて再び損切勿体ない-15.4p

④今度は動き始めで躊躇してしいBKされてからBL戻し後遅い+7.6p

⑤4H-MA抜けの戻しで3ポジでスキャル+8.5p

⑥4H-MA+BB20戻しで1ポジショート+30.3p

 

f:id:gachapon2020:20210127235623p:plain

ポンドドル

-12.2-6.8-15.4+7.6+8.5+30.3=+12p

合計75.8+12=87.8p

また週始めからデカいマイナスを取り返す気合のトレードほんとに疲れるよでも終わってみれば意外や+110p

2021年1月25日 月曜日 ポン円・ポンドドル・ユーロドル

17時前にスケベ根性でポンドドルのロングを軽く入ってやっぱり止めたんです。そして17時の動きでポンドが↑でドル円が↗と判断してポン円のロングに入りました。3つも。

しかし、直ぐに反転➘になったが、押しと判断、いや何とかチャラで逃げたいと思ったんですね。一斉に動くときは押しや戻しは少ないのでナンピンチャラ逃げは危険の筈でした。あれよあれよと躊躇も入れ損切が1H-MAを割った所でなんと-77.7p痛い。

やってしまったものは仕方ないとして、その次の途転がいけなかった。1H-MAブチ抜きで損切直後の途転ショート↓これは事前に想定はしていなかった訳で、即ドテンしたのはその時の感情も入っていたと思う。その証拠に踏まれて↗戸惑い一旦冷静になろうと、もう一度損切-29.6p

ポンドドルも途転ショートをしていたのでこの時点で損期入りは-140p程に  (>_<)

その後再度ショートで引っ張り取り敢えずはトータルプラ転近くまで戻してからの仕切り直し。一日50p程取れればいいなあ、100p取れたら上出来と思っている中でいきなり-140pは酷です。週始めの初戦から連続でこれではかなり凹むが、しょうがない。幸い動きも活発なのでこの後できる事なら圧をかけてなるべく損失を0に近づけたい・・・・そんな思いです。

ポン円

①17時JUSTロング 高値レジあるし抜けた訳ではないので迂闊だった。-77.7p

②途転ショートは完全に勇み足というか焦り、即取り返そうと思ったね。-24.6p

③MA戻しショート 自信が有る訳ではないがやるしかないので4時間MAまで+23.5p

④4H-MA割れから4時間20MAまで+8.1p

ポン円5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210125212509p:plain

ポン円

-77.7-24.6+23.5+8.1=-70.7p

 

ポンドドル

①16:46のスケベ根性ロング ここで嫌な予感はしていたが・・・-4.1p

②焦りの途転ショート これが勿体ない プランが無かったので損切してしまう-29.1p

③本命のショート もう引っ張るしかない予定では40p位下げてもとは思ったが+101p

④戻し目ショート 入りが浅いからナンピンして結局そうは儲からない。+17.2p

ポンドドル5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210125213249p:plain

ポンドドル

-4.1-29.1+101+17.2=+85p

 

ユーロドル

①ユーロ円シンクロでBK狙いポンドに集中しポジ数と利食いが甘いが+7.1p

②ポンドと複合で持った戻し目ショートだが難平でMA↗になり嫌気して+0.5p

ユーロドル5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210125213858p:plain

ユーロドル

+7.1+0.5=+7.6p

合計-70.7+85+7.6=+21.9p

その後NY時間

レンジ中にトレンド中と同じような感覚(位置)で入ってしまい(しっかり考えてない証拠)踏まれて難平(いつものパターン)プラ転で微益のダサいトレードが2回ほどあり、ユーロがシンクロBkしたのでそっちでなんとか今日の利益をしっかり確保できました。

ポン円

⑤4H-MA割れで1発入ったがやっぱりMA戻しまで待つべきだった揉み合い長い+7.4p

⑥再度4H-MA割れショートと拘るもドル円↗でやるべきでなかった複合ポジ-2p

ポン円5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210126002456p:plain

ポン円

+7.4-2=+5.4

 

ポンドドル

⑤黄緑MA→BL→最後の砦1H-MA難平→4H-MA又はBB20手前で利確+17.2p

⑥BB20反発下落見たがやっぱり踏まれBLまでレンジでした、そりゃそうだ+4.8

⑦またもやMA戻しでショート又踏まれ恥ずかしい難平薄利逃げ恥ずかしい+4.8p

ポンドドル5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210126003157p:plain

ポンドドル

+17.2+4.8+4.8=+26.8p

 

ユーロドル

②黄緑MAからBLまでナンピンもMA↗になり念のためプラ転逃げ+0.5p

③LD時間安値BK1発戻しで1発最後5MA戻しで追加時短利食い+55.3p

ユーロドル5分足チャート▽

f:id:gachapon2020:20210126003647p:plain

ユーロドル

0.5+55.3=+55.8p

結果+21.9+5.5+26.8+55.8=+110p

おーーー、しょっぱに連続損切で-140p食らいましたが

終わってみれば+110とは・・・

良かった~~♪

久しぶりの欧州早々の騙しブレイクならその後は上だと決めつけると+56.9p

2021年1月22日金曜日ユーロドル・ポンドドル

いきなり下にブレイクで伸びてゆく・・・どうしようもないなぁ・・・まだ早かったしなぁ、とか見てましたが急転し↑へ急騰!これは高値ブレイクして結構伸びるのでは、しかし理屈はそうでもMA的に無理感があり、スキャル的に入ってみるか、高値掴みだけはしては不味い・・・しかし毎回やってしまうんですね。ユーロドルのナンピン対応に付き合わされている内に、ポンドドルのショートのチャンス場面を逃し、そこからはダイナミックに動くことはなくスキャル的なトレードでした。

ユーロドル

ユーロ円先行BKし見切りBKロング危険ゾーンで即逃げ+9.5

BLでの押しでロングだがここは浅押しの高リスク位置+7

これはあかんやつ、又先端で入ってしまう難平で苦戦反省-4.9

メリハリのないロングしかも利食いも徹底していない+2

75AM割れショート→4H-MA手前まで+15.7

f:id:gachapon2020:20210122234411p:plain

ユーロドル

9.5+7-4.9+2+15.7=+29.3p

ポンドドル

75MAで入り損ね未練のショートも自信なく薄利逃げの有様+0.9

LD時間安値BK伸びが勢い有ったので一旦利食い作戦+9.3

高リスク5MA戻し直前安値ヒゲ先利確ラッキー+9.8

14MA戻し試し玉1発直近安値手前まで+7.6

f:id:gachapon2020:20210122235322p:plain

ポンドドル

+0.9+9.3+9.8+7.6=+27.6p

合計+29.3+27.6=+56.9p

今日のやってることはスキャルパー的ですが、今日はしっかり伸びるトレンドは出ないと踏んだのでこれで正解です。